太る方法blog

究極の太る方法ホームページ管理人・堤 富次郎の日記です。最新の太る方法の話題を中心に、食べ物の話や交友関係・旅日記等を紹介しています。また、健忘症で統合失調症だった外国人女性を、生命力開発体質改善法にて完治に導いた記録【記憶喪失の彼女】も掲載しています。

カテゴリ: 旅日記

インター

昨日は本社のある熊本まで行きました。
福岡−人吉間、約200キロ。いつも遠いですf^^;。
途中、高速SAでちょい休憩。
サービスエリアってなぜだか楽しいですよね^^;。
そこで熊本ラーメンを食べました^^;。
熊本ラーメン




熊本市近辺のパーキングエリアのラーメンって結構うまいんですよ^^;。
このラーメンも美味しそうでしょう^^;。


ところでこの頃何かと忙しかったり頭を抱えこむような事があったりで、少々疲れていました。
そんなとき実家へ帰り、森の鳥や虫の鳴き声、田んぼにいるカエル達の鳴き声を聞きながら眠りましたところ、不思議と心が癒されました^^;。
くわがた1



田舎にいると、こんなクワガタ君も窓辺に飛んできます^^;。
これはノコギリクワガタですね^^;。子供の頃よく捕まえて遊んでいました^^;。


くわがた2




よく見ると、かわいい顔をしています^^;
※ 画像をクリックし、拡大して見てみてください^^;


くわがた3






ズーム^^;

くわがた4







ズーム^^;!
くわがた5








さらにズーム^^;!!
くわがた6
そのときクワガタ君の心の中は^^;・・
《・・・ち・か・い・よf^^;v(笑)・・》

溢れる温泉3

週末は、大好きなはげの湯温泉(阿蘇)に行ってきました^^;。

金曜の夜から出かけ、24時間営業の家族風呂につかった後は、車内で仮眠をして土曜日の午前中には帰ってくるといった小旅行を急きょ決行^^;。

いゃあ、いつも思うことですが、はげの湯温泉は最高です^^;。

溢れる温泉2溢れる温泉






コインを入れると、このように物凄い勢いで温泉が出てきます^^;。
もう浴槽が満タンなのに、源泉がじゃんじゃん出てきて止まりません^^;。

《くぅ〜、気持ちいい^^;〜》

そしてはげの湯温泉に行くときは、いつも鶏肉・豚肉・芋・生卵などを持ってゆきます^^;。
それはここの温泉に入ると、この蒸気を使った無料の地獄蒸し器が利用できるからです^^;。
地獄蒸し釜



地獄蒸し2地獄蒸し






※ いつも温泉に入る前に蒸し器に入れ、温泉から上がった頃にはいい塩梅で出来上がっています^^;。



蒸しているところ

《・・おっ、いい感じに出来上がってるぞ^^;・・》

蒸し鶏とビール






塩だけの味付けですが、これがめちゃめちゃ美味しいのですf^^;。
蒸し鶏、蒸し豚、蒸し芋などをつまみに風呂上りのビール^^;。

《ゴクッ、ゴクッ、ゴクッ、・・・くぅ〜っ、うまい^^;(笑)!!》

※ この日は里芋も持参したのですが、地獄蒸しした里芋がトロッとろ、もちもちで、極限の美味しさでしたf^^;。もし行かれる方は、里芋が特におすすめですよ^^;。

いい感じでほろ酔いし、車内で仮眠したところ、なんと朝目が覚めると真っ白の別世界・・・なんと雪が積もってるではありませんかf^^;!!


雪景色







《うわーっ、綺麗だなー^^;・・》

・・・と言いたいところですが、

《・・おいおい、これは帰れるかよf^^;・・》です(笑)

道路に雪






これは凄いというよりもやばいf^^;(笑)
タイヤチェーンなしでいざスタートf^^;(笑)

708ae21d.jpg

《・・こ、こんなのありかよf^^;(笑)》

何度かハンドルをとられましたが、とりあえず生きて帰ってきましたf^^;(笑)
今度行くときは、ちゃんと天気予報をみて行きます(笑)

九州には様々な家族風呂がたくさんありますが、私が一番好きなお風呂は、

源泉掛け流しの温泉で、毎回お湯を入れ替えるタイプのものです^^;。(このタイプの温泉は、阿蘇にたくさんあります^^;)

大体どこも60分で1.500〜2.000円位で、コインを入れるとこのように物凄い勢いでお湯が出てきます^^;。(5分くらいで満タンになります^^;)
家族風呂1家族風呂2







そして10分くらいしましたらお湯の勢いが少し落ち、こんな感じで40分ほど掛け流しになります^^;。のんびり温泉につかるのは本当に気持ちいいです^^;。
家族風呂3







2007年09月11日16:46
清水寺池
第2回【清水寺の清水湧水】

こんにちは^^;。
相当な健康マニアな方でも、《湧水まで汲みに行くとはあまりにもマニアックすぎてついてゆけないよf^^;・・》と苦笑いの、九州湧水めぐり・第2回ですf^^;(笑)

今回訪れた清水(せいすい)寺の清水(きよみず)湧水は、日本名水百選になっているところです。
場所は福岡県浮羽郡浮羽町。おおまかな説明では、福岡から国道210号線にて大分に向かう途中に筑後川温泉というところがあって、その近くにあります。



※ 湧水量は1日に700t。建長元年、常陸(ひたち)の国の僧日用比古が諸国行脚の途次、この地に立ち寄り木立ちの中に清浄な水がこんこんと湧き出たのを発見した。

柄杓







水汲み場湧水





湧水を飲んでみましたら、《ん?この水には味があるな。若干甘いかな・・》という感じでした。
よく澄んだ池底をのぞくと、砂礫の間から水が湧き出ているのが見えます^^;。

・・・しかしよく見ると、お魚ちゃんが住み着いているではありませんかf^^;。

《・・さっき何か味がしたのは、まさか君達の味も入っているのかなf^^;・・》なんて思いながらも、一応ポリタンクに湧水を汲みましたf^^;。

これは細菌学の先生の本に書いてありましたが、このような湧水や非殺菌のヨーロッパのナチュラルミネラルウォーターに細菌が絶対に入っていないという事はないそうですね。そんなことを気にするのは日本人だけだそうです。
そりゃあ入ってないに越したことはないですが、加熱殺菌することにより酸素や炭酸ガス等が失われ、その水はむしろ【生きてない水】ということになり、むしろそっちのほうが問題で、それだったらわざわざお金を出してまで買うこともない水ということになってしまいます。

あんまし詳しく書くと加熱している方から怒られるかもしれないんでこれくらいにしときますがf^^;、美味しい水を選ぶ場合、【加熱殺菌処理】されているものがいいのか、それとも【非加熱】のものかいいのかは、一度よく考えて購入したほうがいいでしょう^^;。
どっちがいいかは、それは人によりけりだと思います^^;。

ん?私が加熱殺菌派か非加熱派かどっちかって?

そりゃあ、九州湧水めぐりまでしている人に、そんな質問したら駄目ですよf^^;(笑)

湧水1
第1回【箱谷林道の湧水】

こんにちは^^;。
今日から、またまた新たな企画『堤 富次郎・九州湧水めぐり』をスタートしますf^^;(笑)
このシリーズもいつまで続くかわかりませんがf^^;(笑)、なるだけ継続するようにがんばってみますf^^;。

九州には至るところに名水があり、今回訪れたところは【箱谷林道の湧水】です^^;。

福岡県筑紫野市の山神ダムから九千部山方面へ上ったところに大変美味しい水があるということで、ポリタンクを持参し、今朝早くから水汲みに行ってきましたf^^;。

一応『九州の名水』という本の地図をたよりに車を走らせたのですが、地図に書かれていない分かれ道がいくつかあって非常に分かりづらかったですf^^;。

※ もし水汲みに行かれる物好きな方は、自力で探すより、そのあたりに住んでいる人に聞いたほうが早いですよf^^;(笑)。

《・・福岡にこんな山奥があったのかよf^^;・・》というくらい山奥に進み、いよいよ九千部山頂にさしかかるかなと思ったところに、なんと車が4〜5台も泊まって水汲みをしている人がいるではありませんかf^^;!!

《・・こんな山奥の人気が少ない所に、朝早くから水汲みにきている人がこんなにもいるのかf^^;・・》

山の岩肌から流れ落ちる水源が2か所あり、通常はそこから直接水汲みをするようですが、常連の人たちはバケツ等にホースをつなげ、バケツ→ホースと伝ってきた水をポリタンクに入れられていました。
湧水2

※ 画像をクリックすると拡大します。

水汲みをしている人達に話しかけてみました^^;。

私『ここにはよくきなっとですか^^;?(【九州弁通訳^^;】よくいらっしゃるのですか?)』

常連の老夫婦の方『1か月に1回くらいは来よりますよ(来ていますよ)』

(車にポリタンク(20リットル)が20個くらい積んであるのを見て)
私『うわーっf^^;、こぎゃん汲んで帰んなっとですかf^^;?!(こんなに汲んで帰られるのですかf^^;?!)』

常連の方『はい。これで3家族分ですたい(笑)(これで3家族分ですよ)』

私『水は1か月間も置いといて腐らんですか?』

常連の方『はい。陽に当てんならば腐らんです』

※ そう、水というのは陽に当てると駄目なんですね。
だからこんなにまとめて汲んだあとは、陽の当たらない場所に置いておく必要があります。


常連の方『飲んでみなっですか^^;?(飲んでみますか)』

私『はい^^;』

ホース


常連の方のホースから流れ落ちる湧水を両手ですくい飲んでみましたが、すっごく冷たくてうまかったです^^;。
冷蔵庫で冷した水よりも冷たい感じですね^^;。
水を飲んだ感想というのはどう表現すればいいのか難しいのですが、『新鮮な生きている山の水』といった感じです^^;。

それから常連の老夫婦と湧水の話で盛り上がり(湧水の話で盛り上がるのも凄いですがf^^;(笑))、いつも混んでいるので真夜中から水汲みにきている人もいるとか、日曜は2〜3時間待ちのときもある等、色んな面白い話を聞きました^^;。

《・・しかしこんな山奥まで水汲みにくるのも、意外に楽しいもんなんだな^^;・・》

月曜の早朝に、新たな楽しみを発見した瞬間でしたf^^;(笑)。
今度はおにぎり持ってきて、山頂でモーニングするのもいいかなと思いましたf^^;(笑)。

※ ポリタンク2個分(40リットル)汲んできました^^;。
これでご飯やコーヒー、水割りなどで飲んでみます^^;。
ポリタンク


【手頃な料金で、貸し切り湯・山菜・ヤマメ料理が楽しめる民宿がゴロゴロ。】

私が住んでいる九州は、いたるところに素晴らしい温泉がたくさんあります。その中でも特にガリガリさんにおすすめする温泉をご紹介してゆきたいと思います。まだ九州へこられた事がない方は、是非一度遊びにきてください^^。

今日ご紹介するのは、『湯坪民宿村』ともいわれている大分県玖珠郡九重町の湯坪温泉です^^;。

この九重町には、昨年10月末に高さ173メートル・長さ390メートルの『日本一の大吊橋』が出来、週末となれば今もなお観光客でごったごえしています。
温泉では、龍門温泉・壁湯温泉・宝泉寺温泉・川底温泉・筋湯温泉・湯坪温泉・・等、九湯の様々な温泉があります。

九州の人でもよくわからない人が多いようですが、九重は【くじゅう】ではなく、【ここのえ】と読みます^^;。
ちなみにお隣に久住町があり、これを【くじゅう】と読みます。紛らわしいですねf^^;。

その九重町にある湯坪温泉は、どこの民宿も手頃な料金で泊まれます^^;。
1泊2食ついて、なんと6.000円台から泊まれるのです^^;。
先日私が泊まったところは、露天風呂付き離れの部屋で、もちろん夕食・朝食がついて7.500円と都会では信じられないほどの民宿でした^^;。

※ 画像は夕食の一部。まだたくさん出てきました^^;
夕食山菜
ゴマムース


1泊2食で7.500円で貸切風呂付き離れの部屋ならば、まぁ料理は大した事ないだろう・・と計算してしまいそうですがf^^;、それがどこの民宿も『えぇーっf^^;!?』というくらい品数がたくさん出てきます^^;。(小鉢で8〜12皿・メインが2〜3皿・汁物1〜2品位でしょうか。民宿によってもまちまちですが、合計12〜20品くらい出てきます^^;)
この料金でなんでこんなに出来るのだろうか・・と思いがちですが、それはすぐそばで採れる山菜がたくさん盛られているからだと思います^^;。それにしても安い^^;!!まさに九州でも超穴場の温泉地であります^^;。
また、田舎ならではのおもてなしにも心が癒されます^^;。

朝食

疲れきった人は次のスケジュールで過ごしてみてください^^;。
午後3時民宿に到着。そしてすぐに貸切風呂へ。軽く仮眠のあと、夕食。そしてしばらく横たわったあと、また温泉へ。そして就寝。
朝になって起床後、温泉へ。そして朝食。そしてしばらく横たわった後、また最後に温泉へ・・・と、いやらしいくらいに温泉三昧で心からくつろぐには最適の場所だと思いますf^^;。
貸切風呂

ただ、民宿以外は本当に何もないところなのでf^^;(土産品屋とかも無かったようなf^^;・・)、若い人には少し刺激が少ないかもしれないですねf^^;。

※ ただ夜のネオンが好きなお父さんには、一応スナックは2軒あるようですf^^;。民宿へ送り迎え付きのスナックだそうです(笑)。

今の時期は近くの川でホタルも出て、これから夏に向けては避暑地としても賑わうそうです^^;。

大自然に囲まれた静かな山里に、心と体を癒しにゆく夏休みもいいと思いますよ^^;

(2004年〜2006年日記より)

日本一の炭酸泉・・・長湯温泉の物凄い高血圧降下作用
[2006/4/10 15:49]

大分の湯布院ICから車で約40分のところにある、『日本一の炭酸泉』で有名な長湯温泉に行ってきました^^;。
この長湯温泉の炭酸泉(炭酸水素塩泉)は血管を拡張させる作用があるため、高血圧や血流の病気によいとされています。
よって今回実験のため、かなり高血圧の友人を連れて行ってまいりました^^;。

この長湯温泉には大変お気に入りの名旅館があるのですが、そこの温泉が残念ながら『半循環(放流循環ろ過)』だった事を知り、今回は違う旅館へ宿泊しました。
旅館といえば温泉の良し悪しもさることながら、料理が美味しいかどうかも選ぶうえで大切な決め手となります。
そうなるとある程度格式がある旅館に宿泊したほうが無難ではあるのですが、今回はとにかく温泉だけが目的でしたので、割と安いところへ泊まりました(しかしそれが失敗でしたf^^;。料理が作り置きされていて冷たかったです^^;。それが少し残念でした^^;・・)

しかしながら温泉は最高中の最高中の最高でした^^;。

長湯温泉
泉質 二酸化炭素泉と炭酸水素塩泉
(参考)なんと花王のバブの7倍以上の炭酸濃度!
効能 心臓病・動脈硬化・高血圧・胃腸病・皮膚病・便秘・切り傷・運動麻痺・関節痛・更年期障害など
飲用 慢性胃腸病・慢性便秘・痔・食欲不振など
採点 ★★★★★(5点満点中5点)


長湯温泉に入る直前に友人の血圧を計りましたが、上が160・下が110とかなり高いです。
大体いつもそのくらいらしいので、これがどうなるか、早速温泉に入りにゆきました^^;。

《・・・あ〜気持ちいい^^;・・・》
全身の力でスーッと抜けてゆきます^^;。ストレスの多い現代人は、やはり月に1〜2度は温泉につかり骨休めしないと駄目です^^;。
日頃の疲労・ストレスが一気に消えてゆきます^^;。
以前別の旅館の温泉では肌に気泡が付着しましたが、今回はつきませんでした。
しかし湯口から飲んでみると『ジュワーッ・・』と口の中に広がる炭酸の刺激と、なんともいえない複雑な味がしました^^;。
鉄泥臭い味・・・そんな感じでしょうか。はっきり言ってまずいですf^^;。

温泉というものは、長く浸かれば効くというものではなく、額が汗ばむ程度(3〜5分)浸かったら湯船から上がり、しばらく体を冷やす。これを3回程度繰り返すのが一番いいそうです。

温泉から上がり、すぐに友人の血圧を計りましたら・・・・なんと、びっくり!!上が160・下が110あった血圧が、上が125・下が84の正常値まで下がっているではないですか!!!!凄い!凄すぎる!
その後も一時間おきに計りましたが、それが安定していることに再度びっくり!!長湯温泉の血管拡張作用は本当に凄い効き目があることを目の当たりにしました。
高血圧や心臓病の療養には、この長湯温泉は超おすすめです。


ビールを飲みながら夕食をすませた後、夜中にお腹が空いたときのためにコンビニに食料品を買いに向かいましたところ、なんと9時過ぎにはもう閉まっているではありませんかf^^;。他の店もすべてシャッターが下りていますf^^;。田舎町の夜は早いですf^^;。
仕方がないのでどこか飲みにゆくかということになって、2軒ほどあると聞いたスナックへ向かいましたら、そこも日曜日で休みでしたf^^;。
お酒を飲み歩くのが好きな方は、日曜日に観光地に行っては駄目です^^;。日曜日はほとんど閉まっていますf^^;。

結局、一軒だけ開いていたラーメン屋さんへ入りました^^;(そこも11時閉店みたいですが^^;・・)
その店には『田舎食改革』とか書かれていて、なにか福岡で修行されてきた方のようでした。

《田舎食改革・・か・・・うちの親父も若い頃、似たようなこと言ってたかな(笑)》

ラーメンが運ばれてくると、これがなかなかボリュームがあり、夕食も食べたあとなので苦しかったです^^;。
結局旅館へ帰ったあとも友人と飲み始めて、寝たのは朝の4時でしたf^^;。


そして翌朝、7時に起きて温泉に入りました。昨晩は結構飲んで喰って、しかも睡眠不足なのに、まったく体がきつくないのです。
炭酸泉の効果なのか、これは不思議でした。

もし皆さんがこの長湯温泉へ行かれる場合、2つだけ事前にいいことをお教えしましよう^^;。

ひとつはペットボトルなど、水を入れる容器をもってゆくことです^^;。水汲み場が何箇所かあり、ただで美味しい水が持ち帰れます^^;。
※ 有料のところもあります。

もうひとつはこの長湯温泉付近もそうですが、阿蘇・小国や九重などを始めて訪れる場合は、事前にインターネットなどで道をよく調べておいたほうがいいです^^;。
そうしないと私みたいに2時間くらい道に迷う可能性があります(笑)。今朝帰ってくるのに4時間ちかくかかりました(笑)

標識があまりない(分かれ道にも無いところが多いですf^^;)、山道は店も家も無い、人も歩いていない、一度道を間違えたら同じところを何度もグルグルしたり、全く違う方向へ何十キロも進んでしまう可能性がありますf^^;。

長湯温泉・・・・ちょっとわかりにくい山の奥の奥にある温泉地ですが、ここの温泉は本物です^^;。
数ある温泉の中でも、特におすすめします^^;。

(2004年~2006年日記より)

旅情にしみた『心もよう』 杖立温泉
[2005/10/14 19:58]

昨日の夕方より、現在プレゼント中の竹炭石鹸を仕入れに、阿蘇の杖立温泉まで行ってきました^^;。もう日が暮れ遅くなったことと、安い宿もあったので、一泊してきました^^;。


杖立温泉(地元の人に聞くと、全宿源泉掛け流しだそうです。)
泉質 弱食塩水
効能 神経痛・リュウマチ・皮膚病・切り傷・美容泉
立ち寄り湯 200円〜
満足度 ★★★★☆ 

この杖立温泉は以前も来たことがあります。とにかく安く泊まれる旅館が何件もあり、その安さに驚きます^^;。昨日私が宿泊した宿は、1泊2食付で5.000円です^^;。安いでしょ^^;?1泊2食付で4..500のところもあるそうです。
料理も5.000円にしては立派なもんで、よく工夫して作られていました^^;。

杖立温泉はあっちこっちに小粒の無人立ち寄り湯があり、平日はどこもガラガラです^^;。(だから恥ずかしがり屋のガリガリさんにとっては、とても入りやすいですよ^^;)
私が宿泊した宿には天然の蒸し湯がありましたが、これはかなりストレスが解消されます^^;。大浴場には誰もおらず、心ゆくまでのんびりくつろげました^^;。
先日石鹸を仕入れにきた時は、ふるや工房さんのご自宅の温泉に入れて頂きました^^;。元旅館をされていただけあって、凄く広い温泉で気持ちよかったです^^;。
お風呂上りに、粉末のコーヒーで作ったアイスコーヒーまで頂きましたが、田舎ならではの心あたたまるおこころづかいです^^;。

宿でひと風呂浴び、食事をした後は、以前も行ったことがあるスナックへ飲みにゆきました^^;。杖立温泉に唯一あるコンビニ店の奥さんが、昼はコンビニで働き、夜はスナックのママさんとして出てこられます^^;。おそらく歳は70前後だと思いますが^^;、昼も夜もとてもお元気です^^;。

地元の人の話では、井上陽水さんの以前の奥様がここ杖立温泉の方だそうで、遠距離恋愛をしていた時のことを書いたのが『心もよう』だそうです。その他色々とお話を伺っていましたら、その奥様は若くして病気でお亡くなりになったそうで、歌詞が実話だったこととその本当の意味を知り《・・そうだったのか・・》と心がふるえて泣きそうになってしまいました。


心もよう        詩・曲 井上陽水

さみしさの つれづれに
手紙をしたためています あなたに
黒いインクが きれいでしょう
青い便箋が 悲しいでしょう

あなたの笑い顔を 不思議な事に
今日は覚えていました
19歳になった お祝いに
作った唄も 忘れたのに

さみしさだけを 手紙につめて
ふるさとに住む あなたに送る
あなたにとって 見飽きた文字が
季節の中で 埋もれてしまう

遠くで暮らす事が
二人によくないのは わかっていました
くもりガラスの 外は雨
私の気持ちは 書けません

さみしさだけを 手紙につめて
ふるさとに住む あなたに送る
あなたにとって 見飽きた文字が
季節の中で 埋もれてしまう

あざやか色の 春はかげろう
まぶしい夏の 光は強く
秋風の後 雪が追いかけ
季節はめぐり あなたを変える


***

スナックで飲み始めて1時間半、かなりいい気持ちになった頃に、一見ヤーさん風の、体のゴツイサングラス男が入ってきました^^;。

《・・おやっ・・ヤーさんかな^^;?どうかな^^;?》
こんな人っていますよね^^;。結局ヤーさんではなくてとてもいい人だったんですが^^;、このタイプはまぎらわしいですよねf^^;。

結局、おじいちゃん2人とヤーさん風の親父と、70過ぎたくらいのママさんとその娘さんで盛り上がり^^;、そのから歩いて10歩の旅館へ帰りました。

いつもなら部屋へ帰り、《ああー腹へったー。本当に腹へったけど、田舎の旅館だから何もないんだよなf^^;・・》
・・・となるのですが、最近は旅になれたせいか、夕食が食べきれなかった場合は、それを部屋に運んでもらって夜食にしたり、最初からおにぎりを作ってもらい、それを部屋においておきます^^;。
とにかく田舎の温泉宿は、夜にお腹がすいても何にもないので、飲みに出かける方はそのようにしておけばよいでしょう^^;。
※ 但し、寝る前におにぎりとか食べると、翌朝確実に胃がもたれます^^;。

翌朝、幻の竹炭石鹸片手に帰ってきました^^;。今回は在庫をたっぷり確保してきました^^;。

杖立温泉・・・ここも本当にいいところです^^;。また石鹸の在庫が無くなる頃、泊まりがてらゆきたいと思います^^;。

(2004年〜2006年日記より)

硫黄泉内湯 みどり荘
泉質 硫化水素泉(源泉掛け流し)
効能 リューマチ・関節炎・神経マヒ等
料金 一人500円(貸切内風呂)
満足度 ★★★★☆

先日久しぶりに別府の明礬温泉に行ってきました^^;。明礬温泉といえば、『地獄蒸しプリン』と白濁色の温泉で有名なところです。
この地獄蒸しプリンは女性に大変人気があり、お土産に持って帰ると必ず喜ばれます^^;。(美味しいですよ^^;)
この明礬温泉は、高速道路の別府インターからすぐの所にあり、近づくにつれオナラのような匂いが漂ってきます^^;。別府に来たらオナラをしても、音を出さなければ10発中9発はバレないと思います^^;(しかしオナラをしていなくても、疑われる可能性もありますがf^^;)

今回は地元の人に『地元の人がおすすめする貸切風呂はありますか?』と尋ねてみましたところ、『みどり荘』を紹介して頂きました。
『観光客がひっきりなしに入る温泉より、空いている所がいいですよ』との事。
このみどり荘は貸切可能の内湯が4室と、別に露天風呂があります。
久しぶりに白濁色のお湯につかろうとすると、『アチーーっ^^;!!』
この温泉は一切加水されておらず、お湯がかなり滾っています。よって5分程水で薄めて入りました。

《うーん、いい湯だ^^;・・》

今は夏なので、暑くてあまり長くつかることが出来ませんが、20分でもつかると日頃のストレスも癒されます。別府では地元の医者も、湯治には明礬温泉とすぐ近くの鉄輪温泉を特にすすめるそうです。
温泉チャンピオンの郡司勇さんが、明礬温泉『別府温泉保養ランド』が特によい温泉として著書の中で紹介されていましたが、この夏の暑さ、さすがに2件連続は入れませんでした^^;。
とにかく大分は温泉天国なので、定期的に訪れようと思います。

(2004年~2006年日記より)

福岡の温泉

お馴染みの温泉レポートも、今度は九州北部から再スタートしたいと思います^^;。
今回は大宰府天満宮から車で3分程度の高台にある『みかさの湯』です。

みかさの湯(源泉掛け流し)
泉質 アルカリ性単純泉
効能 慢性消火器病・痔・冷え性・疲労回復・各種神経痛・筋肉痛等
料金 500円(家族風呂は無し)
採点 ★★★☆☆

福岡の方はもう行かれた事があるかもしれませんが、ここは源泉掛け流しのようです。(このすぐ近くにもう一つ温泉施設がありますが、そこは源泉掛け流しではないようです^^;)
ここの温泉の温度は低いため、一度加熱してから浴槽に流されています。
入った感想からすると、内風呂は浴槽からお湯が溢れておらず、《あれっ^^;?循環ではないのかな^^;?》と思ったのですが、完全な源泉掛け流しのようです。
浴槽の中に穴が開いていて、そこから流れているのでしょうか?
露天風呂は完全に掛け流しでした。ここのお湯は『あっさりしている』という表現がなんとなくぴったりくる感じで、ラーメンでいえばあっさりした醤油ラーメンという感じです^^;。風呂上りには肌がサラサラします^^;。
しかし最近暑くなってきましたので、温泉レポートも暑いです;^^A 。風呂上りには汗びっしょりになってしまいます^^;。
そしてこの近くの大宰府天満宮にも参拝したのですが、おみくじをひいたら『小吉』でした^^;。《・・小吉か・・・う〜ん・・微妙だな・・^^;》

そしてそのおみくじには、菅原道真公のこんな言葉が書かれていました。

心だに誠の道にかないなば 祈らずとても神や守らん

これを読んでその場に立ち尽くし、しばらく固まってしまいました^^;。心がジーンとしていたのです^^;。


しかしおみくじは例え凶をひいたとしても、それは一年間人生の修行の時だと覚悟すれば乗り越えられます。修行の時は、次から次に困難と苦難の連続です。だけどその時に徹底的に鍛え上げられるので、強くなってゆくのです。
相撲取りでも、ボクサーでも、サラリーマンでも、この修行の時に徹底的に鍛え上げられた人間だけが最後に勝ち残ってゆくのです。
だから、常に貧乏くじを引かされているような人生、凶を引いたような人生が、必ずしも不幸とは限らないのです。結果的には、全くその逆であった・・ということが十分にあり得ると思います。

ちょっと話が長くなってしまいましたが、いま痩せていることで様々な困難があるかと思いますが、その困難や苦難もこのように考えれば少しは前向きにとらえられるはずです^^;。

体育祭で、上半身裸での組体操をやらなければならなくても、《・・こ、これが修行なんだ^^;!!
本当に嫌だけど、わずか15分の辛抱だ^^;!何とか乗り越えるしかない^^;!!》と乗り越えて欲しいと思います^^;。応援しています^^;。

このページのトップヘ