2012年08月06日

【感情の解放とマッテテネ】

先日、『ビビアンは塩分欠乏症ではないか?』ということで、しばらく塩分濃い目に摂取させ、体調の変化を注視していましたが、やっぱり大きな変化はなかったですね。。

頭蓋骨矯正、運動、栄養療法、サプリメント摂取で、少しずつよくはなってきていますが、良かったり悪かったりが続いています。

最近『独り言』『辻褄が合わない会話』は、かなり減ってはきました。

・・しかし頭蓋骨矯正やあるテクニックを行ないますと、脳の血流が改善され、感情解放(これはいつか解説いたしますが、強いストレスや過去のトラウマから解放され、急に涙が出たりすることがあるのです)から、矯正後2〜3時間は、非常に精神不安定になります。

具体的には、私を元彼と間違えて、私を罵倒したり、急に泣き出したりといった具合です。

そして2〜3時間が経つと、精神状態は落ち着き、その後深い眠りに入ります。

この繰り返しが続いてますが、薄皮をはぐように、少しずつ快方に向かっているのは実感してます。

(注)頭蓋骨矯正をしても、普通の人はこのようにはなりません。国内トップクラスの技術をもった先生がやっても、やはり同じ現象が起こりました。

記憶喪失になるほど、過去に何かあったわけですから、普通の人よりも治りは悪いですが、なんとか治してあげるしかないです。


ところでビビアンが、頭蓋骨矯正中、たまに『・・マッテテネ、マッテテネ・・』と言います。

これは《私がよくなるまで、待っててね・・》
・・と、彼女の魂が言わせているのでしょうか・・

そしてそれは誰に対しての《マッテテネ》

・・なのでしょうか。

・・おそらくそれは私に対してではなく、『彼女の子供』へのマッテテネなのでしょう・・。



2012年08月08日
にんにくプンプンf^^;(笑)

昨日にんにくを焼いたのを大量に食べたあと、身内の何人かに頭蓋骨矯正をしてあげましたら、施術を受けたあと

『もう、上からプンプンにおって、息かけ治療みたいだったf^^;(笑)』

・・と言われましたf^^;(笑)

ビビアンちゃんも眉間にしわを寄せ、

『クサイ!』

・・と言いましたf^^;(笑)

にんにくプンプンしてる先生から、至近距離で頭蓋骨矯正されるのは、たまらないでしょうねf^^;(笑)



2012年08月16日

【ヒーリングチューナー】

これまでビビアンには、

☆ 栄養療法
☆ 各種サプリメント摂取
☆ 頭蓋骨矯正
☆ 運動療法

・・等、ありとあらゆる方法で治そうとしていますが、《治ってきたかなf^^;?》と思ったら、また訳のわからないことを言ったりと、これがなかなかの猛者でしぶといですf^^;(笑)

よって次の新兵器として、あるカイロプラクティックの先生から教わったこのヒーリングチューナー(エンゼルチューナ)を試してみることにしました^^;(磁石じゃないですf^^;(笑))
120816_1145~01
この3つの音叉をチーンとさせて耳元で聞かせることにより、とても綺麗でクリアな音がボディ・マインド・スピリットに働きかけ、日頃使っていない脳を刺激させます^^;(仏壇でチーンとさせる鈴(りん)のような音色です^^;)

毎日ビビアンにチンチンしてますが、うーーん、今のところあんまり効いてるようには感じないですf^^;(笑)

ビビアンから『ソレ、ナニ?』と聞かれても、

『今からチンチンするから、黙っといて。ビビアンの頭を治してるから』と言って、♪チーン、チーンとさせてますが・・・

ビビアンからいつも『アナタガ、アタマ、ナオシタラ?』と言われますf^^;(笑)

この治療光景を見て、えりなちゃんも大笑いしてましたf^^;(笑)

まぁ、自分でやってても、【ドリフの大爆笑(もしもこんな先生がいたら・・)】やってるみたいで笑っちゃいますf^^;(笑)





2012年08月18日

少しずつは治ってきているビビアン。・・しかしいつも服は裏表逆に・・。
120813_1255~01

























2012年08月25日

【すべてを無くしてしまったビビアン】

ビビアンは物忘れのため・・

半年前、仕事での信用を無くして(遅刻・約束を忘れるなど)クビになり・・

そして同国の友人や仲間からの信用も無くしてしまってるようで、誰も助けてくれず・・

そしてどこも雇ってくれないのでいよいよ生活費も無くなり、

住む家も追い出されてしまったので行き場所も無く・・

一人公園に一日中いたビビアン・・

・・を見ちゃいられないので、仕方なくうちの一部屋を貸して、実は数ヶ月前から保護しているのです・・

その後、なんとかどっかで保護して助けてもらえないかと、病院・保健所・外国人相談窓口など、考えられるところすべてに相談に行ったのですが、結論として、

【どうすることもできない】

【国に帰って病院で診てもらうしかない】

・・ということでした。

しかしビビアンは国に帰っても、本人が病院には行きたがらないので、交通費を出してあげたとしても、ただ行ってすぐに戻ってくるだけなので、無駄なだけなのです・・


離婚した元旦那との間にいる子供たちからもなぜか連絡も無く、

過去に関しての詳しい話はあまり話さないのです・・


先日ビビアンの元職場の人に聞いた話では、その職場で働き始めた3年前からすでにおかしかったとのこと・・

・・最後の手段として、私が治すしかないと思って、ここ数ヶ月毎日リハビリさせているのですが・・

・・これがなかなか難航しているのです・・

周りの人は現在のこの状況を見て、

『お兄ちゃん(私のこと)みたいにしてくれる人は、日本国中どこを探してもいないよ。だからお兄ちゃんに感謝しないといけないよ』

・・と、ビビアンに言ってくれるのですが、

当のビビアンは、感謝どころか、その真逆の言葉を発するのでした・・

『アナタガ、ビョウインニ、ツレテイッテ、オカシクナッタ』

『アナタ、ワタシノ、オカネ、トッタデショウ』

『ワタシノ、ケイタイ、ドコニヤッタ』

・・いつもこんなやりとりが続き、ハンドバックをひっくり返したり、ビビアンの服入れをひっくり返すと携帯やお金が見つかるのです・・

最初は物を盗ったとか言われ、さすがに頭にきて、

『ビビアン、そんなことを言うのなら、もう面倒みれないから出ていって!』と、家を出ていってもらったのですが、ビビアンの同国の友達や元職場の誰一人も助けてくれず、一人公園にいるのでした・・

定期的に公園を見に行くと、3時間後も、5時間後も、10時間後も、公園に座っているのです・・

そしていよいよ夜遅くになり、また見に行くと、ビビアンは相変わらず公園に座っているので、

『ビビアン!』

・・と言って、こっち来るように手招きするのでした・・

最近は

《・・もう病気だから仕方ない・・》

・・と自分に言い聞かせて、何を言っても怒らないように心がけているのですが、この精神的ストレスは半端ではなく、正直いってまいってます・・

すべてを無くしてしまったビビアン・・

・・いつまで面倒をみればいいかわかりませんが、がんばれるだけ頑張ってみます。。




2012年08月28日

【問題ばかりやらかすビビアン

・・ビビアンちゃんには本当に疲れます

昨夜は真夜中に、いきなりラジオを大音量で聴き始め、

『こんな夜中に何やってるんだよ!』

・・と怒ったあと、また眠ろうとしてもとうとう朝まで眠れずでした


最近食欲が出てきたのはいいことなんですが、私が夕食の準備中、その日のメインディッシュの刺身の盛り合わせををテーブルに置いていたら、一人で全部先に食っちゃってるんですよね

よって私から怒られて、『なんで怒られてるかわかってる!?』

・・と聞いても、

『ワカラナイ・・』

・・としか答えません

何度注意しても、もの忘れをするので同じことを何度もやらかします

その他、ここでは書ききれないほど、ありとあらゆることをやらかしてくれます

もう仕方がないので、ちょうどテレビでアスカの社長が

『自信があるから電話をしません!』

・・と熱く出てらっしゃいましたので、私もヤケクソで、

『電話はしません!』

って真似してましたら、ビビアンまで

『デンワハ、シマセン!』

・・っと言い始めて、ずっとデンワハシマセン・・とブツブツ真似し始めて、聞いてて10年分くらい疲れました

・・もうビビアンをなんとかしてくれるところがあれば、すぐに、

デンワ、シマス!!(笑)



2012年08月30日

【がんばれるだけがんばってみます】

これまでにビビアンのことを、考えられるありとあらゆるところになんとかならないでしょうかと相談にゆきましたが、

『うーん・・現時点ではどうすることも出来ないですね・・』

・・という結果で終わってしまいました。

そして毎回毎回、これまでの経緯や症状を詳細に説明し、何時間もかかって説得するのですが、それがすべて空振りとなり、また次にどこかへ相談にゆくという気力が完全に無くなってしまってました・・。

私のまわりの人間も、

『お兄ちゃんがお人よしすぎて、お兄ちゃんの人生が台無しになるよ』

『堤さん、もう関わらないほうがいいですよ。』

『早く追い出さないと、大変なことになるよ』

・・等と忠告してくれるのですが、いま私が見放すと、

※ 友達にも誰も助ける者がおらず、住む家も無いので路上生活者になってしまう。

※ 病院での精神鑑定が出来ない以上、生活保護支給は極めて難しい。まして日本人じゃないので、さらに難しい。

※ では仮に生活保護が受けられたとしても、彼女は生活保護の意味すらまったく理解できない状態で、現時点では一人で生活するのが困難な状態。
(私は在日外国人の生活保護には基本的に反対ですが、彼女のような立場の人間を一時的に医療保護および強制送還させるなりの公的機関は今回必要だと感じました。)

※ 母国に一時的に帰ったとしても、あまり仕事もなく(そして低賃金)、よって彼女の固い意志(子供のために働き、子供に何かあったときのためにお金をためなければならないという気持ちが非常に強い。しかし、その稼いだお金をも無くしてしまったりするのですが・・)で日本で働こうという気持ちがある限り、すぐに戻ってきてしまう。

※ 今から3年前頃にはすでにおかしい状態で、それでもなんとか仕事ができたのは、外国人のナイトクラブ(日本語があまり話せなくても、そういう人は他にもいるので)であったことと、彼女と同じ国の人間がサポートしてくれていたこと(しかし、もう現時点では信用を無くしてしまったり、病人にはかかわりたくないという状態)だったので仕事が出来たが、今ではどこも雇ってくれない。

・・と、大体こんな感じです。。

よってなんとかして《自分が治すしか方法が無い》と、色々がんばってはいるのですが、ちょっと良くなったり、また元通りに戻ったりと、こんなことを続けていたら、本当に私の人生までもがおかしくなってしまいます。

よって再度気持ちを奮い立たせ、色んなところに相談に行ってみます。。

ただでさえ、彼女に毎日何度も同じ説明をして疲れ果て、そしてどこかへ連れて行こうとしても嫌がるのをなんとか説得するのに疲れ果て、ましてどこかへ相談にゆき、一からこれまでの経緯や症状を説明するのは物凄い体力と気力を使い、へとへとになってしまうのですが、一人の人生がかかっているので、なんとか必死にがんばってみます。

よってしばらくの期間、ブログのほうは休みがちになるかもしれませんが、応援のほう、どうぞ宜しくお願いいたします!!



2012年08月31日

【急展開、ビビアン保護施設に。そしてビビアンの涙・・】

昨日大きな展開がありました。
プライバシーの都合上あまり詳しいことまでは書けないのですが、あるところへ相談に行き、こちらの熱意とビビアンの状態をみて、公共施設にて一時的に保護してもらえることになりました。

最初は相談窓口の方も、『こんなケース(言葉の問題で精神鑑定ができない)なんてことは初めてで、うーん・・これは本当に難しい問題ですね・・』

・・と頭を抱えておられたのですが、またそこから別の相談窓口へ一緒に行き、そこでも、3人の相談員の方々が頭を抱えて、

『極めて稀なケースですね・・』

・・と頭を抱えてらっしゃいました。

それでもビビアンと質疑応答しているうちに、かわいそうと思われたのか、

『今後はどうなるかはわかりませんが、とりあえず○○というところで一時的に保護してもらえないか聞いてみましょう』

・・ということになり、部屋も空いているので大丈夫ということになりました。

いきなりの展開に、私も大丈夫かな?一晩かけて、これからどういうところへ行き、大体どんな生活が始まるのかを、ゆっくりと説明してからのほうがいいんじゃないかな?とも一瞬思ったのですが、もしそうすると『イキタクナイ・・』と言い出す可能性があるので、ここは心を鬼にして、

『ビビアン、今日からしばらく違うところでの生活が始まるからね、わかった?。なんにも心配しなくていいからね』

・・と言ったのですが、心細そうな小さい声で、

『ワカラナイ・・』

としか言いません。

そこの相談員の方からも、

『今日から彼とはあえなくなるけど、大丈夫?』

・・と言われた途端、ビビアンは私の方を見ながら大粒の涙を流し始めたのでした・・。

毎日毎日私を手こずらし、言うことも聞かず、わがままばかりのビビアンでしたが、今日これから別々の生活が始まると思うと、言葉では言い尽くせない寂しい気持ちになりました・・。

私も泣きそうになった気持ちをぐっとこらえ、

『・・ビビアン、なんにも心配しなくていいからね。明日から体の検査をしてもらうから、ちゃんと言うこと聞くんだよ・・』

ビビアンはうつむいて泣きながら、

『ワカラナイ・・』

・・としか答えません・・

そして施設へ行き、私からは彼女の体の状態やこれまでの経緯、病院履歴などを説明し、施設の方からは日程や規則、携帯や貴重品などを預かることや、タバコは食後に1回、1日3本までという話を聞きました。

私はポケットに持ってたタバコを施設の人に渡し、

『彼女はタバコが好きなので、これを吸わしてください』

・・と伝えました。

そして最後の別れのとき、

・・本当は言ってはいけない言葉を言ってしまったかもしれませんが・・

『ビビアン、必ず迎えにくるから、ちゃんと先生の言うことを聞くんだよ・・』

・・ビビアンは大粒の涙を流しながら、

『ワカラナイ・・』

・・と言って泣きじゃくったのでした・・。

《・・ビビアン・・》



2012年09月01日
ca5e3655
ビビアンと離れてから2日が経過しました・・。

これまでの疲れがどっと出たのか、昨日は酔いつぶれてしまいました。。

ところでビビアンに歌を唄わせればプロ級で、遠くで聞いていた人がわざわざビビアンに近寄ってくるくらいうまいです。


そんなビビアンがよく唄っていた曲『ベンのテーマ』ですが、この曲を聴くとこれまでの思い出が蘇ります・・
そしてこの歌詞は、まるで私とビビアンの関係を綴っているようで・・








2012年09月04日

【幸せになるための第一歩】

昨日は、現在ビビアンが保護されている施設に彼女の荷物を届け、彼女を担当する医療従事者の方やケースワーカーの方に、これまでの経緯やこれまでどのような検査や食事療法・運動療法してきたかを伝えました。

私もビビアンを治すため、脳神経・精神医学書等を相当読んできたため、その道の専門家の方から、

『いやぁ〜あまりにもお詳しいんでびっくりしました(笑)』

『そこまでやってくれる人はいないですよ』

・・と、マジで驚かれてました(笑)

しかし本当はそれ以外にも、最新の頭蓋骨矯正を習得し矯正してきたことや、音叉を使ったチンチン療法(笑)、霊能者による心霊鑑定(f^^;笑))まで連れて行ったりとか色々あるのですが、そこまで説明しだすと、あと1時間くらい説明しなければならなくなるためf^^;(笑)、やめましたf^^;(笑)


とにかくビビアンが、ケースワーカーが24時間体制の安心な場所に保護されたこと、そしてこれからは、九州では最高レベルの検査が受けられる病院へ行くことになりそうです^^;。


しかしここに至るまで、もう本当に本当に長い道のりでした・・。

そして色んな方のご協力や、優しい心を持った方々のお力添えがなければ、ここまでたどり着くことはなかったと思います。


最後にビビアンと面会する時間がきて、5日ぶりの対面となったのですが・・

『お〜ビビアン、オッスっ^^;!』

・・と肩を叩いたところ、なんかごちゃごちゃ言ったあと、ニコニコ笑ってました^^;。

それを見てケースワーカーの方が、

『このような笑顔になることがなかったんで、ちょっと安心しました』とのこと。


ビビアンには、これから病院で色んな検査を行うことや、あとどれくらいここにいるかを伝えました(まぁ、いま自分がおかれている状況が、あまりよくわかってないと思いますが・・)

そして一通り会話も終わり、みんなで席を立とうとしたところ・・

あるケースワーカーの方が毅然とした声で、

『あっ、堤さんは、ここに残ってもらえますか!』

と、言われました。

そしてビビアンを連れてその他の方が退席したあと、声を発したケースワーカーの方が、

『いま彼女がそのまま堤さんについてゆきそうだったんで、堤さんには残ってもらいました』

・・とのことでした。

施設から帰るとき・・ビビアンのことを思うと、ちょっとかわいそうな気持ちになりましたが、長い目でみたら、

彼女が『幸せになるための第一歩』を歩み始めたんだ・・と思うようにしました。

今は何が原因でこうなったのかを突き止め、治療することが何より大切です。

そして彼女の子供達に、いま彼女がどれくらいの容態なのかが国の機関から伝わり、心配して彼女のそばで支えてくれるようになれば一番いいのですが・・

・・しかし彼女の容態を知っているにも関わらず、来れない何らかの事情があるのかもしれません・・。
そしてその可能性は何となく高いような気がします・・。

何故なら、彼女がたまに(1ヶ月に1回程度)子供達と電話で話してる内容を聞いてたら、そんな感じがしました。

電話を掛けて、

『ゲンキ?ダイジョウブ?』

・・と言って、それ以外の会話はなく、いつも10秒以内で切れてる電話・・

・・一体過去に何があったのか?

・・彼女の子供達は何を考えてるのか?

何か深い訳があるのかもしれません・・。

とにかく今は、彼女の体がよくなる方向へ向かい始めたと考えます。



2012年09月07日

【英語の本を届ける】

先日ケースワーカーの方から聞いたのですが、ビビアンは一日何もすることがなく、毎日退屈で仕方がないともらしているようです。。
120905_1652~01部屋にはラジオしか無く、日本語の本はあるけれど、彼女はひらがなと簡単な漢字しか読めないので、これは精神的によくないと思い、国際交流センターから海外のフリーペーパーと英語の本を借り渡してきました。


昨日聞きました話では、2〜3日前から編み物やビーズでアクセサリーを作り、ビビアンはとてもかわいいのをいくつか作ってたとのこと。

食欲も少しずつ出てきて、あまり残さずに食べれるようになったようです。

これまで毎日タバコを30本吸ってたのが、10分の1の3本になり、コーヒーも毎日4〜5杯飲んでたのが週1杯となり、毎日の楽しみが食事しかなくなったので食欲が出てきたのでしょう(笑)

これは刑務所での生活パターンにちょっと似ています(笑)

食欲がなく太れない方は、このようにどこかに隔離され、楽しみが食事しかない環境を試してみられることをおすすめしますf^^;(笑)

冗談はさておき、来週から本格的な検査が始まることが決まり、私も最初だけ立ち会うことになりました。

物忘れの原因がわかり、それが治る病気ならいいのですが・・


記憶喪失の彼女 4 大学病院での検査が始まる〜施設の退院まで