太る方法blog

究極の太る方法ホームページ管理人・堤 富次郎の日記です。最新の太る方法の話題を中心に、食べ物の話や交友関係・旅日記等を紹介しています。また、健忘症で統合失調症だった外国人女性を、生命力開発体質改善法にて完治に導いた記録【記憶喪失の彼女】も掲載しています。

2007年09月11日16:46
清水寺池
第2回【清水寺の清水湧水】

こんにちは^^;。
相当な健康マニアな方でも、《湧水まで汲みに行くとはあまりにもマニアックすぎてついてゆけないよf^^;・・》と苦笑いの、九州湧水めぐり・第2回ですf^^;(笑)

今回訪れた清水(せいすい)寺の清水(きよみず)湧水は、日本名水百選になっているところです。
場所は福岡県浮羽郡浮羽町。おおまかな説明では、福岡から国道210号線にて大分に向かう途中に筑後川温泉というところがあって、その近くにあります。



※ 湧水量は1日に700t。建長元年、常陸(ひたち)の国の僧日用比古が諸国行脚の途次、この地に立ち寄り木立ちの中に清浄な水がこんこんと湧き出たのを発見した。

柄杓







水汲み場湧水





湧水を飲んでみましたら、《ん?この水には味があるな。若干甘いかな・・》という感じでした。
よく澄んだ池底をのぞくと、砂礫の間から水が湧き出ているのが見えます^^;。

・・・しかしよく見ると、お魚ちゃんが住み着いているではありませんかf^^;。

《・・さっき何か味がしたのは、まさか君達の味も入っているのかなf^^;・・》なんて思いながらも、一応ポリタンクに湧水を汲みましたf^^;。

これは細菌学の先生の本に書いてありましたが、このような湧水や非殺菌のヨーロッパのナチュラルミネラルウォーターに細菌が絶対に入っていないという事はないそうですね。そんなことを気にするのは日本人だけだそうです。
そりゃあ入ってないに越したことはないですが、加熱殺菌することにより酸素や炭酸ガス等が失われ、その水はむしろ【生きてない水】ということになり、むしろそっちのほうが問題で、それだったらわざわざお金を出してまで買うこともない水ということになってしまいます。

あんまし詳しく書くと加熱している方から怒られるかもしれないんでこれくらいにしときますがf^^;、美味しい水を選ぶ場合、【加熱殺菌処理】されているものがいいのか、それとも【非加熱】のものかいいのかは、一度よく考えて購入したほうがいいでしょう^^;。
どっちがいいかは、それは人によりけりだと思います^^;。

ん?私が加熱殺菌派か非加熱派かどっちかって?

そりゃあ、九州湧水めぐりまでしている人に、そんな質問したら駄目ですよf^^;(笑)

このページのトップヘ