以前あるフィリピン人が、『フィリピンの体が強い人達は、食べているものが違う』という興味深い話をしました^^;。

フィリピンはボクシングが強いことで有名ですが、その強いボクサーや体がものすごく強い地域の人達は、食べているものが違うってみんなで言うらしいんですね^^;。

それで何を食べているのかというと、子供の頃から『とうもろこし』を毎日主食のように食べてきた人達は、パワーや体力が全然違うらしいです^^;。


とうもろこしっていったら、消化吸収が悪い印象しかありませんが、逆の見方をすれば、

物凄く消化が悪い物でも食べないと生きてゆけない環境が、よく噛むという事や胃腸での消化吸収力を錬磨させ、通常では考えられない消化の悪い物からでも栄養を吸収できる強い内臓や体を作っていった。

・・こういうことは有り得るかもしれません^^;。


衛生状態が極めて良い清潔な日本では、アレルギーやアトピー患者が非常に多く、それとは反対に、衛生状態がよくない国では、アトピーやアレルギーがほとんどいない=衛生的によくない環境が、ばい菌から身を守るために免疫力を強化させている状態・・・これに通ずるような話でもあります^^;。

『一見すると悪いようだが、長いスパンやトータル的観点で考えてみると、実は非常に良かった』

こんなことはいろいろあると思います^^;。

では痩せて太れない人も、消化が悪い物を食べ、消化吸収力を錬磨させたほうがよいのでしょうかf^^;?(笑)

まあ、それはのんびり太りたい方がそうされるといいでしょうf^^;(笑)

とうもろこしやピーナッツ、バターなどf^^;(笑)、とにかく消化が悪い物を食べて内臓を鍛えぬいてみてくださいf^^;(笑)

☆ その場合、どうなっても私は知りませんよf^^;(笑)
まぁ、痩せた人は基本的にやめたほうがいいでしょう(笑)