(2004年~2006年日記より)

旅情にしみた『心もよう』 杖立温泉
[2005/10/14 19:58]

昨日の夕方より、現在プレゼント中の竹炭石鹸を仕入れに、阿蘇の杖立温泉まで行ってきました^^;。もう日が暮れ遅くなったことと、安い宿もあったので、一泊してきました^^;。


杖立温泉(地元の人に聞くと、全宿源泉掛け流しだそうです。)
泉質 弱食塩水
効能 神経痛・リュウマチ・皮膚病・切り傷・美容泉
立ち寄り湯 200円〜
満足度 ★★★★☆ 

この杖立温泉は以前も来たことがあります。とにかく安く泊まれる旅館が何件もあり、その安さに驚きます^^;。昨日私が宿泊した宿は、1泊2食付で5.000円です^^;。安いでしょ^^;?1泊2食付で4..500のところもあるそうです。
料理も5.000円にしては立派なもんで、よく工夫して作られていました^^;。

杖立温泉はあっちこっちに小粒の無人立ち寄り湯があり、平日はどこもガラガラです^^;。(だから恥ずかしがり屋のガリガリさんにとっては、とても入りやすいですよ^^;)
私が宿泊した宿には天然の蒸し湯がありましたが、これはかなりストレスが解消されます^^;。大浴場には誰もおらず、心ゆくまでのんびりくつろげました^^;。
先日石鹸を仕入れにきた時は、ふるや工房さんのご自宅の温泉に入れて頂きました^^;。元旅館をされていただけあって、凄く広い温泉で気持ちよかったです^^;。
お風呂上りに、粉末のコーヒーで作ったアイスコーヒーまで頂きましたが、田舎ならではの心あたたまるおこころづかいです^^;。

宿でひと風呂浴び、食事をした後は、以前も行ったことがあるスナックへ飲みにゆきました^^;。杖立温泉に唯一あるコンビニ店の奥さんが、昼はコンビニで働き、夜はスナックのママさんとして出てこられます^^;。おそらく歳は70前後だと思いますが^^;、昼も夜もとてもお元気です^^;。

地元の人の話では、井上陽水さんの以前の奥様がここ杖立温泉の方だそうで、遠距離恋愛をしていた時のことを書いたのが『心もよう』だそうです。その他色々とお話を伺っていましたら、その奥様は若くして病気でお亡くなりになったそうで、歌詞が実話だったこととその本当の意味を知り《・・そうだったのか・・》と心がふるえて泣きそうになってしまいました。


心もよう        詩・曲 井上陽水

さみしさの つれづれに
手紙をしたためています あなたに
黒いインクが きれいでしょう
青い便箋が 悲しいでしょう

あなたの笑い顔を 不思議な事に
今日は覚えていました
19歳になった お祝いに
作った唄も 忘れたのに

さみしさだけを 手紙につめて
ふるさとに住む あなたに送る
あなたにとって 見飽きた文字が
季節の中で 埋もれてしまう

遠くで暮らす事が
二人によくないのは わかっていました
くもりガラスの 外は雨
私の気持ちは 書けません

さみしさだけを 手紙につめて
ふるさとに住む あなたに送る
あなたにとって 見飽きた文字が
季節の中で 埋もれてしまう

あざやか色の 春はかげろう
まぶしい夏の 光は強く
秋風の後 雪が追いかけ
季節はめぐり あなたを変える


***

スナックで飲み始めて1時間半、かなりいい気持ちになった頃に、一見ヤーさん風の、体のゴツイサングラス男が入ってきました^^;。

《・・おやっ・・ヤーさんかな^^;?どうかな^^;?》
こんな人っていますよね^^;。結局ヤーさんではなくてとてもいい人だったんですが^^;、このタイプはまぎらわしいですよねf^^;。

結局、おじいちゃん2人とヤーさん風の親父と、70過ぎたくらいのママさんとその娘さんで盛り上がり^^;、そのから歩いて10歩の旅館へ帰りました。

いつもなら部屋へ帰り、《ああー腹へったー。本当に腹へったけど、田舎の旅館だから何もないんだよなf^^;・・》
・・・となるのですが、最近は旅になれたせいか、夕食が食べきれなかった場合は、それを部屋に運んでもらって夜食にしたり、最初からおにぎりを作ってもらい、それを部屋においておきます^^;。
とにかく田舎の温泉宿は、夜にお腹がすいても何にもないので、飲みに出かける方はそのようにしておけばよいでしょう^^;。
※ 但し、寝る前におにぎりとか食べると、翌朝確実に胃がもたれます^^;。

翌朝、幻の竹炭石鹸片手に帰ってきました^^;。今回は在庫をたっぷり確保してきました^^;。

杖立温泉・・・ここも本当にいいところです^^;。また石鹸の在庫が無くなる頃、泊まりがてらゆきたいと思います^^;。