今から9年前くらいでしょうか・・・私が東京から熊本に帰郷し、愛犬のクロちゃん・シロちゃんと暮らしていたときがありましたよねf^^;・・。

あの頃、田舎の飲み屋のどこの店に行ってもまったく面白くなくて、唯一結構面白かったのが、外国人パブだったんですよねf^^;(笑)

よってしばらくはちょこちょこ飲みに行ってたのですが、結局高くなるしバカらしいので、次第に足が遠のいてゆきましたf^^;・・。

しかしまあ、あの世界にはまっちゃう人は間違いなくはまっちゃうと思いますf^^;(笑)

今日は、そんな外国人パブにどんな人がハマるのかについて、解説してみたいと思いますf^^;(笑)


外国人パブへ行き、その客層を観察していると、大体こんな感じのお客さんが多いように見えます^^;。

☆容姿・性格上の問題から、日本人ホステスにあまり(ほとんど)相手にされない、いわゆる【モテないシリーズ&勘違いシリーズ】の方々(笑)

☆エキゾチックな容姿の彼女らと、疑似恋愛を楽しみたい方々。

☆日本人の飲み屋に通い過ぎて飽きてしまい、新たな刺激を求めて来ている方々。

☆自分が老けてきていることが自覚出来ず、それでも若い子を口説こうとして失敗を重ね、唯一引っ掛かかる可能性がありそうな、外国人パブのお姉さんに走り始めた方々(笑)

☆あまりにもヤーさん風(もしくはそのもの)なので、日本人の飲み屋では女の子達がみんなびびってしまい、おそらく飲んでても面白くないので、その点あまりびびらないスタッフの外国人パブのほうが気兼ねなく飲めるので来ている方々。

・・まあ、大体こんな感じの訳ありな方々が多いように見えますf^^;(笑)

最初は会社の忘年会・社員旅行などの二次会や三次会で、直属の上司に連れられてその門をくぐるパターンが多いのではないでしょうか(笑)

・・しかしその門をくぐってしまったばかりに、モテないシリーズ&勘違いシリーズの方々が、

《・・ひょっとしてあの子だったら口説けるかもf^^;・・》

・・と勘違いしてしまうほど、彼女たちのその気にさせるテクニックは一流ですf^^;(笑)

※実際には99%無理ですf^^;(笑)

そんなシリーズな方々じゃなくても、中年になってから飲みに行くのを覚え、そしてハマってしまう方々もいますf^^;。

昔から、

『若い時に遊んでいない男が、中年になって遊び始めたらたちが悪い』

・・とかよく言いますが、

若い時には金もなく、やっと金にゆとりが出来て遊びたい時には、自分が老けてしまい、若い女の子たちからは全く相手にされなくなってしまった・・

そんな年齢になってしまい、若い子を普通に口説ても無理だとわかると、今度は権力や金の力で振り向かせようと企てますが、それも失敗し(笑)、唯一金さえ使えばモテまくることが出来る(と、錯覚してしまう)のが、外国人パブなのですf^^;(笑)

※だからもし旦那が外国人パブに通い始めたら、奥さん要注意ですよf^^;(笑)
最低限のお小遣いだけ渡し、貯金通帳と給料は、差し押さえてくださいf^^;(笑)


ミニスカートをはいたスタイル抜群の彼女達から、『(社長でもないのに)シャチョさ〜ん、イッパイ、イタダイテモ、イイデスカ〜』

・・と言われたら、1杯1000円のウーロン茶でも『よしよし』と鼻の下を伸ばしながらご馳走してしまいます(笑)

さらに膝をくっつけながら、『シャチョさ〜ん、ワタシをシメイシテ、モラッテモ、イイデスカ〜?』

・・と言われたら、指名料2000円も、ある程度お金に余裕があるおじさんたちにはお安いもんです(笑)

そしてあっという間に1時間が過ぎ、

『シャチョさ〜ん、オネガイデス、エンチョウ、シテクダサイ!』

・・と手でも握られたら、

『しょうがないなぁ〜じゃあ1時間だけ延長するかf^^;・・』

・・と、延長してしまい、そうこうしているうちに、セット料3000円+ウーロン茶やビール代1杯1000円+指名料2000円+延長料3000円+消費税=約10000円・・の飲みパターンが完成してしまいますf^^;(笑)

その他、外国人パブでの食事(例えば唐揚げやチーズセット、フルーツの盛り合わせ)が1皿2000円、モウ1杯イイデスカ攻撃=1杯につき+1000円、もう1時間延長イイデスカ+3000円で、計20000円コース、30000円コースのパターンもあります(笑)

普段はスーパーでの10円20円の価格の違いには細かいくせに、シリーズの人たちにとってみれば、唯一『自分がモテている』と錯覚出来るパラダイスなので、散財してしまうのですf^^;(笑)

・・ところが^^;・・、ただ飲みに行くだけならまだ救いようがあるのですが、通いつめてる人は、『あの子を本気で口説こう』という次元にまで発展している人が、結構な割合をしめていると思いますf^^;・・。

そうしてなんとか彼女を振り向かせようと、今度はプレゼント攻撃などもはじめてさらに散財し、家庭崩壊まで突き進んでしまう人もいるのですf^^;・・。

外国人パブに対し、どうしてもダーティーなイメージで見る人は多いと思いますが、結局こういうパターンで鼻の下を伸ばしてハマってしまい、散財してしまう男のほうが悪いのですf^^;(笑)


まあ大体こんな感じでハマってしまうシリーズの方々は、つかまりそうで結局はつかまらない、蝶々をずっと追いかけていってる感じですf^^;(笑)

独身だったら『まあ、ご自由にf^^;(笑)』と声をかけてあげるのですが、家庭持ちの方はそこそこにしておかないと、蝶々を追いかけてしまったばかりに、そのまま崖から転落人生になっちゃうかもしれないですよ(笑)


ところで散財どころか、365日24時間無料で外国人女性を同伴し、外国人パブに通う人からみれば、夢のような男性が九州にいます・・。

その人は、セット料0円+指名料0円+飲み物代0円(水を飲みなさい)+延長料24時間0円=0円という、奇跡を成し遂げました。

どうすればそんなことが可能なのか、その方にインタビューをしてみました。

どうすれば、そんな奇跡的な料金が可能なんですかf^^;?

九州の男性『外国人でかつ記憶喪失者をどこからか見つけてきて、どうにかこうにかして治してさしあげれば、こういうことも可能ですよf^^;(笑)』

そ・ん・な・バ・カ・なf^^;v(笑)