世の中には、『技術・技能に対する報酬』というものに対して、わかってない方は、全くわかってないですf^^;・・。

例えば鍵開け110番やJAF、トイレの水詰まりのレスキュー隊等を呼べば、そりゃあその道のプロですから、ときには30秒もかからないうちに問題解決してしまったりします^^;。

しかしその後、報酬料(例・出張費+技術料1万数千円)を見て、

『た、高い!!』

・・と言って、ゴネるだけゴネて料金を大幅に値切ったり、支払わない人とかがいるそうです。。

『こんな短時間なのに、これでは高すぎる!』

・・という言い分は理解出来なくもないですが、じゃあ30秒で出来るところを、演技してわざと1時間かけて問題解決してあげれば納得なさるのでしょうかf^^;・・。

そんなの、真面目に正直にしてもらって、早いがいいに決まってます^^;。

これらの技術というのは、その道の専門学校やフランチャイズに加盟し、授業料や加盟金を何十万から何百万払って習得したきたものがほとんどです^^;。

美容師の世界でもそうですし、鍼灸師やマジシャンだってそうです^^;。

その技術を身につけるために、学費や時間や労力がかかっているのです^^;。

よってその技術に対する報酬というのは、例え30秒で解決したとしても、自分では解決出来ない『プロの技術』なわけですから、最初に料金を聞いて納得出来なければ、頼むほうが間違っています^^;。

また専門業者のほうも、もうあんなタチの悪い客は二度と相手にしたくないと思うことでしょう。。

それに対し、美容師や鍼灸師への技術料に対しては、誰もが納得して数千円支払いをしています^^;。
これら両者の違いは、特殊な技術料(依頼者が他の業界より圧倒的に少ないし、売り上げの波も激しい為、それで生計を立てるに見合った、若干高めの料金体系)が設定されているはずです^^;。

発行部数が少ない専門書が物凄く高いのと同様に、需要が少なければその分高くなるのはある程度仕方のないことなのです^^;。


さて、そんな技術料に関し、私も非常に不愉快な思いをしたことがありますf^^;・・。

今から25年前くらい前は、全国的に整体院も整体師も今とは比べものにならないくらい少ない時代で、それも九州で整体院って数件あったかな?ひょっとしてなかったのかな?というくらいに少なかったです^^;。

当時は整体と言っても九州での認知度はまだまだ低く、まして熊本の田舎のほうでは、ほとんど誰も知らない状態でした。

そんな中、東京の整体学校を卒業して熊本に帰郷し、家業を手伝いながら、《・・そのうちに整体院を開業しよう・・》

と計画していた頃のこと。
父の慢性腰痛を2〜3回の施術で治してしまったもんだから、

『うちの息子が東京で整体というものを勉強してきて、それで病院でも治らなかった腰痛が一発で治った!』

と言いふらし、まあ次から次に、

『俺にもしてみてんない(俺にもやってみてくれ)』

・・という父の友人達から言われ、やってあげたにも関わらず、お礼の一言すらないので、不愉快極まりない気持ちになったことがあります・・。

要するに、お金と時間と労力をかけて習得した『技術』に対し、全く無知・理解がない人達ばかりを相手にしなければならなかったので、やってあげてももちろん無報酬、礼を言う人も高齢者の男性ではあまりいませんでした。私の実家周辺の田舎では、何かそういうお礼を若造に言うのがこっぱずかしいからあえて言わないみたいな気質のところがあり、それもわからないではなかったのですが・・(しかしその頃から私の極端な田舎嫌い(実家周辺の)が始まったのですが・・)

父が次から次に言いふらすものですから、私も『今度から料金ば貰うばい』と言って、1回格安の2.000円という料金設定をして有料にしたのですが、悪いところだけを矯正し終了としていたため、人によっては10分で終わったり、1時間かかる場合もありました。

悪いところだけを矯正しますので、10分で終わっても2.000円、悪ければ1時間かけても2.000円です。当時は整体院も少なく希少価値もあり、5.000円にしてもいいところを2.000円でしていたのです。

そしてほとんどの人に効果があり、たったこれだけで治るなんて不思議だなと驚かれていました。

それなのに、『たったこれだけで2.000円は高かばい』

とか何度も言われたり、ちょうど父とも別のことで大喧嘩することもあって、

『やっぱり田舎は駄目だ(>_<)!!そしてあんなくそ親父となんか一緒にやれるか(>_<)!!もうこんな田舎、出て行ってやる(>_<)!!』

・・と言って、再度都会へ出ていったのでした(笑)
漫画・美味しんぼの主人公の親子も喧嘩ばかりしていますが、まあうちも昔からあれに似たり寄ったりですf^^;(笑)

・・ということで、今日はプロ技術や経験を積んだ技能に対する報酬のお話をさせて頂きましたが、これらに無知な方・理解がない方・自分の物差しでしか物事を考えられない方を相手にするのは正直いって苦手だし嫌ですf^^;・・。


以前あるスナックのママさんが話してましたが、ど田舎から久しぶりに町に出てきたというじいさんが

『初めてスナックというところにきた!』

と言って店に入り、チェックのとき、コーラ1本飲んだので

『セット料3000円+コーラ代500円=3500円』の請求をしたところ、

『なんで100円のコーラが35倍もするんだ!』とそのお客さんはゴネにゴネたので、
『もうお金はいらないから帰って!そして二度と来ないで!』

・・と怒られた話を聞きましたf^^;。
まあそれも似たり寄ったりな話なんですよねf^^;(笑)
この場合は飲み屋の『場所代』が先程の『技術料』のようになります^^;。
そんなじいさん、どこのスナックのママさんも相手にしたくないと思いますが、まあ大体そんな感じですf^^;(笑)