実は先週、私の身内が経営する食堂がもらい火によって火事に遭い、私も事故現場とその後の処理に立ち会いました。
幸いにもケガ人等は一人も出なかったので、それはよかったのですが・・・

『火災保険というものは、きちんと補償内容を理解して掛けておかないと、とんでもないことになる!!』

・・というのを痛感しました。

こんな現場に立ち会うのは初めてですので、また保険関係のこともよく分からず、もらい火なので向こうが掛けていた火災保険から補償してもらえるのだろうと思っていたのですが・・・

隣の火事の貰い火は、なんと!相手方によほどの過失が無い限り、失火責任法に基づいて【損害賠償請求できない】のです。

失火責任法

民法709条によれば、失火により他人に損害を与えた場合、失火者は、その失火につき故意又は過失があれば損害賠償責任を負うことになるはずである。しかし、日本には木造家屋が多いという事情があったことから、この規定をそのまま適用すると失火者に過大な責任を課すことになることが問題とされた。そのため本法が制定され、失火による不法行為の場合は民法709条を適用せず、故意又は重過失がある場合のみ損害賠償責任を負い、軽過失による失火の場合は損害賠償責任を負わないとされた。


要するに火災保険はその他の損保とはちょっと違い、『自分の身は、自分で守る』が基本で、隣人からのもらい火によって家が全焼しても、相手によほどの過失が無い限り、損害賠償請求はできない。

逆の場合、自分の家が火元でまわりの家4-5軒が火事になったとしても、よほどの過失がない限り、損害賠償責任を負う必要はない・・・ということになります。

いゃー、ちょっと理不尽な感じなので、びっくりしました。。

ところで私の身内の食堂は低額の火災保険にしか入っておらず、保険金も満額出たとしてもかなり少ないようなので、もう半分泣き寝入り状態になってしまうようです。。

火災保険に入る際は、補償内容や特約事項などもよく読んで入らないと、とんでもないことになりますね><・・でも今回いい勉強にはなりました。。