現在生活保護者数が207万人を突破したそうですが、この制度は徹底的に見直す必要がありますね。

生活保護を受けているにも関わらず、これまでにこんな人いっぱい見てきました。

☆ 昼間っから酒を飲んで、働けるのに働かない人。

☆ パチンコ、競馬で、毎月3〜4万使っている人。

☆ 飲み屋に頻繁に通っている人。

☆ 携帯代に2万円以上使っている人。

☆ たいしてどこも悪くないのに、整骨院で毎日マッサージをしてもらっている(もちろんその医療費も国が全額負担)

完全に間違ってますよね。。

よってこんな人に、そんなに元気ならば働いたらどうですか?と聞いてみたことがありますが、もう完全に働く気はないですね。プライドばかりが高く、甘えている人、ずる賢い人が多いです。本当に働きたくても働けない人だけに支給されるべきです。


よって、

☆ ギャンブル場での徹底調査(ギャンブルをしていた時点で、即停止)するために、調査員を増員。

☆ レシート、領収書の提出義務化(その調査員も増員)

☆ 携帯は所持禁止(一般回線のみ使用可)※基本的に余程のことがない限り、携帯なんて必要ないです。

☆ 酒、タバコ等の嗜好品は、禁止もしくは月間3000円まで。

☆ 外食は禁止もしくは月間3000円まで。

これくらいしないと、働けるにも関わらず、働く気がない人は働かないです。

しかし現政権がそこにメスを入れて徹底的にやることは、残念ながらないでしょうね。。